退職する際に覚えておきたいこと

退職をするための心得や準備

当サイト「退職する際に覚えておきたいこと」では、退職をするための心得や準備などといった様々なお役立ち情報をお届けしています。きちんと読んで納得の退職を目指しましょう。

 

さて、退職というのは、ハッキリと会社を辞める意志が固まっていなければ、周囲の同僚にも迷惑を掛けてしまうことになりますし、自分自身も後悔してしまうことになることから、まず最初は会社を辞めようと思った理由というのをじっくりと考えるようにしてください。

 

会社を辞める理由についてですが、「人間関係が上手にいかない」「給与が低い」「拘束時間が長過ぎる」「なかなか評価されない」「根本的に仕事が合わない」などといった、人によっていろいろな理由があるかと思います。

 

■将来を真剣に考える

その判断材料としまして、もし、このままこれから3年間、今の会社で仕事を続けていたとしても満足することができるだろうか?成長することができるだろうか?後悔することは無いだろうか?を考えてみてください。

 

将来を真剣に考えることが出来れば、これから先自分がどうしたいかという答えは出てくることでしょう。

 

この決断をすることができていなければ、もし引き止められた場合に、迷ってしまったり、気持ちが変わったりすることもありますので、その程度の気持ちでしたら、今の会社を辞めない方が良いということになります。

 

会社に不満を持っていたり、上司とケンカしたりしますと、「もうこんな会社こちらから願い下げだ」と思ってしまうこともあるかもしれません。しかし一時の負の感情や勢いなどで会社を辞めるというのは、あまり良いことではありません。

 

■嫌なことや不満というのは必ず存在

転職をすることによって今の不満だらけの状況から抜け出すことが出来ると思っていませんか?どのような会社だったとしても、嫌なことや不満というのは必ず存在しているものです。それだけは絶対に忘れることの無いようにしてください。

 

最も考えなければいけないこととしまして、自分自身が持っている将来のビジョンとなります。自分がどうなりたののかをきちんと考えて、現在の会社でそれが叶えられないと確信をしているのでしたら、退職・転職を考えることが自分のためと言えるでしょう。

 

現在の嫌なことから逃げ出すことだけを考えてしまっていると、最終的には大きな落とし穴にはまってしまうことになります。

 

ですので実際に退職をした場合に、どのような現実が待っているのかをイメージしてみてください。成功をイメージすることが出来なければ、その時点で現状は変わりません。