退職する際に覚えておきたいこと

ハローワークで失業保険の手続き

退職をした後に失業保険の受給資格を得るためには、とにかくまず最初にハローワークにおいて手続きをする必要が出てきます。一回だけではなく、その後も何回か申請と承認を繰り返すことによって、ようやく給付金を貰うことが出来ます。

 

この手続きというのは、日本全国どこのハローワークだったとしても可能というわけではありません。ハローワークというのは管轄区域が指定されていますので、居住地に従った近所のハローワークに行く必要があります。

 

ただし、1市区町村に対して必ず1個あるワケではありませんので、最寄駅の目の前にある人もいますし、電車とバスを使って30分は移動しなければ着かない場合もあります。

 

注意点についてですが、最寄りのハローワークが必ずしも貴方が住んでいる管轄のハローワークではないということです。

 

市区町村毎にハローワークというのは割り当てられているものですので、該当しているハローワークのホームページを確認してみるか、もしくは直接電話で問い合わせると確実でしょう。

 

また、ハローワークにおける受付日時というのは、原則平日8時30分〜17時15分と決められており、土日と祝日は休みとなります。特に16時以降にもなると大変混雑しますので、なるべく午前中に足を運ぶようにしてください。

 

そんなハローワークにおきましては、失業保険の申請はもちろんのこと、窓口での職業相談や職業紹介、そして求人情報の検索などといったことも行えます。

 

■ハローワークで必要書類

 

ハローワークではまず最初に必要な書類が揃っているかどうかをチェックすることになります。実際に当日出向く時には「離職票」「離職票」「雇用保険被保険者証」「印鑑」「写真2枚」「本人名義の普通預金通帳」「運転免許証や住民基本台帳カードなどの本人確認書類」などを用意しなければいけません。

 

そして求職の意志を示すこととなる「求職申込書」に、所定の事項を記入し窓口に提出してください。

 

求職申込書については労働条件を書き込むこととなるために、事前にどのような就職先で働きたいかを自分で決めておくとスムーズに進めることが出来ます。

 

窓口において提出をした求職申込書の情報というのは、ハローワークのコンピュータに登録され、これから行われる職員との面接の資料に使われます。

 

貴方が希望している仕事や収入だけに限ったことではなく、職務履歴や実務経験、技能と資格、また自分に出来ることや出来ないこと、得意や不得意なこと、そして今後のワーキングスタイルなどもきちんと記入しておきましょう。