退職する際に覚えておきたいこと

きちんと引き継ぎをして退職

退職をするという意思というのは、どれくらい前から伝えていけば良いのだろうかと迷ってしまうところだと思います。やはりこのようなことはプロの転職エージェントに質問をしてみるとわかりやすいですが、参考までに筆者の体験談をちょっとご紹介させていただきます。

 

筆者がこれまでに退職届を提出してきたのは、会社を辞める2ヶ月前ほど前が最も多かったように記憶をしています。1ヶ月前だと正直言って遅いです。多分「もっと早くいってきて欲しかった」とかいろいろと言われることになります。

 

先述していますが、やはり2カ月くらい前には退職の意思を伝えておくべきです。会社に残っている人の為に引き継ぎをすることも頭にいれておく必要があります。

 

貴方の後任を決め、そしてそれから業務内容を詳細まできちんと伝えて周囲に支障がないように教育をするのも少し必要となってきます。

 

この教育面において不安が出てきてしまいますので必然的に上司も不安になってしまうのです。これまで特に問題も無く仕事を回すことが出来ていたのに、担当が変わってしまった途端に仕事が止まってしまい、周囲に影響がでてくるようですと大きな問題になります。

 

引き継ぎについてですが、会社にお世話になった最後の任務として考え、最後まで責任をもって実施しなければいけない仕事の一つとなります。

 

■元同僚の繋がりは非常に大切

 

筆者は後輩に後任を全て任せた事がありました。日常的に怒って指導することをしてこなかったのですが、引き継ぎの時だけは厳しく指導したのです。これはもし分からない事があったとしても辞めてしまった後には、聞こうとしても聞くことが出来ないと思ったからです。

 

しかしながら「もう辞めるから後のことは知りません。」などといった考え方はあまり好ましいものではありません。辞めた後、もしかしたら転職前の会社と何かしらの取引があるかもしれませんし、また同僚との人脈が将来的に活きてくる可能性もあります。

 

かなり前の話になりますが、会社を辞めた同僚が転職先の社員として、筆者の会社へ営業に来た事がありました。

 

以前に自分が在籍をしていた会社ですから特に気兼ねなく来ることが出来たようです。もちろんその同僚は円満退社をすることが出来ていたからです。

 

どのような形において転職をした後、転職前に会社とつながってくるのかわかりませんので、きちんと引き継ぎも仕事として考え、実施をしていく必要があります。