退職する際に覚えておきたいこと

雇用保険への加入条件について

今現在失業保険をもらっている最中だったとしても、アルバイトをしたいと考えている方というのは多くいらっしゃいます。しかし、残念ながら失業保険受給中におけるバイトというのはなかなか難しい面があります。

 

まず、アルバイトをすることによって得た金額により、その日分の失業保険をもらうことが出来なかったり、減額させられたりします。

 

働いてしまうと、その分もらうことの出来るお金が減ってしまうことに繋がりますので、実に勤労意欲が減退してしまう扱いをされてしまうのです。

 

そして下手にアルバイトにのめり込んでしまいますと、「再就職をした」といった扱いになってしまい、失業保険の支給そのものを打ち切られてしまう可能性が出てくるのでご注意ください。

 

失業保険を受給してもらうために必要な雇用保険への加入条件というのは「週20時間以上の労働時間、また31日以上の雇用見込み」となります。

 

日払いの短期アルバイトと言いましても、期間が1〜2ヶ月ですと、この条件に該当してしまうことになり、「もらうことの出来る予定だった失業保険を『再就職』という扱いでもらえなくなってしまった」といった悲劇を引き起こしてしまうのは、実際のところ案外多いのです。

 

■失業保険中にアルバイトをしている人

 

一昔前までは、雇用保険への加入条件というのは「1年以上の雇用見込み」と定められていたので、このようなトラブルといのは滅多に起きることがありませんでした。

 

しかひ加入条件が1ヶ月程度の雇用見込みに短縮されるようになってからというもの、頻繁に聞くようになったのです。

 

このように1ヶ月に短縮されたのは「アルバイトやパートなどの非正規雇用者が雇用保険に加入しやすくなるようにする」といった配慮からとなりますが、これが逆にマイナスに働いてしまっているケースがあるのです。

 

このことから、短期アルバイトと言いましても、失業保険が打ち切りになってしまう可能性というのは否定することができません。

 

「短期アルバイトは1ヶ月以上続けない」
「1週間の労働時間を20時間未満にする」

 

このような防衛戦を張っておかなければ、思わぬところで足下をすくわれてしまうことになるのでご注意ください。

 

失業保険中にアルバイトをしている人というのは、「黙っていればバレることは無いだろう」とハローワークに申告しないケースがありますが、残念ながらこれは分かってしまうのです。

 

会社が給料を支払ったというデータは、全てハローワークに届いているのです。