退職する際に覚えておきたいこと

退職をして転職活動のタイミング

転職においてよく聞かれる悩みとしまして、仕事を辞める前か、それとも辞めたあとかなど、いつ転職活動をするべきなのかというタイミングの問題が出てきます。

 

転職に不慣れな方の場合ですと、このタイミングのことで悩んでしまうものであり「働きながらでは求人のチェックをしたり、面接準備をする時間を作ることが出来ない」、「今働いている会社に対して不義理をしているようで感じが悪い」などと、いったん仕事を辞めてから、転職先をじっくり探すことが結構多いようです。

 

しかし、会社の都合によって辞めてしまった場合等を除きまして、次の転職先というのは退職する前にしっかりと見つけておくのが正解なのです。

 

この不況において企業の求人数というのは減少傾向にあり、転職市場というのは決して順風満帆な状況ではありません。

 

すぐに次の就職先を確保することができれば特に問題になることはありませんが、もし万が一、転職活動が長引いてしまいますと、その間の収入というのは大きく減ってしまうだけではなく、休職期間の長さが再就職に不利に働いてしまう場合もあるのです。

 

今の会社を辞める前に次の転職先を見つけておくこと、そして明日の収入源をしっかりと確保しておくことというのは、現代の転職の必須条件とも言っても決して過言ではありません。

 

■転職サイトや人材紹介会社

 

確かに退職をする前に次の仕事を見つけておく方がいいとは言いましても、今の会社で働きながらの転職活動というのは時間が取りづらいものです。そこで上手く活用するべきものが、転職サイトや人材紹介会社などの転職関連サービスなのです。

 

転職サイトにおきましては、職種や勤務地毎の求人情報を検索して、サイトを経由して企業への求人応募や職務経歴書の提出をすることが出来ます。

 

また、自身の経歴を公開することによって企業からのスカウトを待ったり、そして転職に関する疑問をメールを使って質問することが出来ます。

 

人材紹介会社におきましては、転職者に対して担当のキャリアコンサルタントが付き、転職者の希望を聞いた上で、求人案件の紹介や面接セッティングなどといったサポートを行なってくれます。

 

今後のキャリアプランのことで、直接プロからアドバイスをもらえることは、転職者にとりましては嬉しいサービスと言えるでしょう。