退職する際に覚えておきたいこと

退職届を提出することになった理由

貴方が現在の会社を退職しようとイメージするようになった一番の理由というのは、何なのでしょうか。現状に不満があるからでしょうか?それとも、未来へのビジョンの期待からでしょうか?

 

会社を辞めたいという気持ちは、とっても大きな感情となります。このことから、何かひとつだけの理由だけで辞めたい、というケースは少ないかもしれませんが、逆に言いますと、何かひとつだけの理由で辞めたいと考えている人というのは、それはきっと期間的な猶予の無い感情なのでしょう。

 

まず最初は会社を辞めたい理由を、大きく2つに分けて考えてみてください。つまり、現状の不満、そして未来への期待 の2つとなります。さらに、それらそれぞれに解決策をいくつか考えてみてください。

 

例えば、もし人間関係への不満を持っているのでしたら、異動をすることが可能か、物理的に離れることの出来る時間を増やすことが出来るか、などです。

 

またスキルアップをするためには物足りない、という理由でしたら、就業後に資格取得のスクールに通うかもしれませんが、そのスクール費用が問題となってしまっているのでしたら、社内に活用することの出来る仕組みは無いか、もし無いのでしたら提案する場が無いかなどです。

 

■実現させるためには退職をするしか無いのか

 

退職をすることによって、解決することの出来る不満も確かにありますが、思いがけない新しい火種が生まれてきてしまうことがあります。

 

どんなに自分にとって理想的とも言える会社に再就職をすることが出来たとしても、利用する電車が想像を超えて不便になってしまったり、確かに悪い人はいないけど、しっくりくる同僚が存在しないなど、実際に働いてみなければ分からないことが数多くあります。

 

まず最初は、自分の何を変えたいのか、それを実現させるためには退職をするしかないのか、などを辞めたい気持ちとしっかりと向き合うようにしてください。

 

現在の今の仕事には、どのような縁で出会うことになったのですか?初めから長期間働くつもりでは無く、仕事を決めることもあるかと思いますが、中には希望して頑張った結果の就職といったこともあるでしょう。

 

今の仕事への不満というのは、いつ頃から持っている感情でしょうか。直接の辞めたい理由というのは、不満からきているのかもしれませんが、現状の不満をしっかりと把握しておくことということは、非常に重要なことなのです。

 

その理由は、人それぞれに「こだわり」というものがあるもので、他者から共感されるとは決して限らない個人特有の気持ちがあるからです。そのような不満は 転職先では出来る限り無くしたいものです。