退職する際に覚えておきたいこと

退職後の転職

いきなり質問させていただきますが、貴方の1年後や3年後には、どのような自分でいたいと考えていますか?またその時にはどのような仕事をしていたいですか?そして給与は?就いている役職は?結婚や子供は?

 

1年というのは、短い期間かもしれませんが、実際のところは長い時間となります。そして3年として考えると、長く感じるかもしれませんが、短い時間なのです。

 

少し話が脱線してしまいますが、いわゆる「老舗の味」というのは代々変わることの無い味、とよく言われることがありますが、本当に全く変わっていないのでしたら、お客さんは逃げてしまうと言われています。

 

その理由は、お客さんの舌というのは、少しずつ進化してきているのです。っというよりもまったく同じものを食べ続けていますと前回食べたものよりもおいしいとは感じなくなってしまうものなのです。

 

このことから、料理人の方も少しずつでも確実に腕を磨き続けていかなければ、老舗の味というのは守っていくことが出来ないのです。

 

そしてもちろん料理以外の仕事にも同様の事が言えるように感じます。昨日と同じ仕事をするのではなく、何か少しでいいから工夫してみましょう。

 

この「少しずつ」というのが非常に大事なような気がします。現在の仕事が当たり前にこなすことが出来るかもしれませんが、当初はとっても大変だったハズです。その半分でも頑張ることが出来たら、凄いことが出来そうだと思いませんか。

 

■自分のビジョンを持っていますか?

 

1年後や3年後には、どのような仕事をしていて、どのような仲間に囲まれて、どのような生活をしたいか、自分のビジョンを持っていますか?もしそれらのビジョンを持っていないようでしたら、細かく考えてみてください。

 

まず最初は、3年後から考えてみてください。それがハッキリとしましたら、その3年後のために1年後、どのような自分である必要があるかを、引き算します。

 

ここまでが出来たら1年後のその自分を実現させるために、どのようにすればいいのか、そして、少し先の自分を見つめて行動をしてみてください。

 

仕事に関して不満を掘り下げて、少し先の自分をきちんとイメージし、そして理想像を作り、その理想像は実現することが出来るものなのか、それとも夢なのか、考えてください。

 

このように自分を客観視して、向き合っていくのは非常に疲れることと思います。ただ、今貴方は少しでも考えたかと思います。今まさにスタートラインに立ってのです。