退職する際に覚えておきたいこと

退職届けが受理される前に

ここではちょっと退職をすることにあたって、覚えておきたいお役立ち情報をお届けします。きっとご参考になるかと思いますので覚えておくと良いでしょう。

 

一見、転職というのは無関係のように考えてしまうかもしれませんが、クレジットカードの入会というのは、退職をする前にやっておきたいことの一つとなります。退職後や転職直後、また休職期間中などといった、収入が不安定になってしまう時期というのはクレジットカードの審査がなかなか通りにくくなってしまう傾向にあります。

 

ですから転職を思い立った時には、その転職活動と平行して是非ともクレジットカードを作っておくことをオススメします。

 

クレジットカードを作成するためには、実際に申込みをしてから1〜2週間ほどしてかかってくるクレジットカード会社からの電話に対して、自分自身もしくは社内の誰かに受けてもらうことが必要であり、その会社で実際に働いていることを証明する必要が出てきます。

 

これを「在籍確認電話」といいますが、ところが、クレジットカードを申込むのが退職前とギリギリになってしまいますと、社内に退職の意思を示していることが多い傾向にあるために、在籍確認電話の際にその情報がクレジットカード会社に伝わってしまい、カード作成が不可能になってします可能性があります。

 

■個人の信用性やステイタス性を示す意味

 

このような場合、お目当てのクレジットカードを作ることが出来なくなってしまうのはもちろんのこと、信用情報を偽ったとみなされてしまい、今後一切、そのカード会社のクレジットカードを作ることが出来なくなってしまうこともあるのでご注意ください。

 

クレジットカードというのは、大きな出費の場面で非常に役に立つツールになることはもちろんのことですが、利用をする度にポイントを貯めていくことができ、その貯めたポイントを商品交換やキャッシュバックに使用することの出来るとってもお得なツールなのです。

 

クレジットカードの発行にあたりましては、カード会社の審査が必ず行なわれるため、近年においては個人の信用性やステイタス性を示す意味で、その存在価値というのは非常に高まってきていると言えるでしょう。

 

転職をした後も、しばらくは審査が厳しくなることを考えますと、これから必要になりそうなクレジットカードは、退職前の早い段階で申込をしておくようにしましょう。